憧れのマイホーム

私は結婚して義理の両親と同居していました。子供が産まれて手狭になったので、引っ越しを考えるようになったんです。初めはアパートを考えていましたが、家賃を払うことを考えたら家を購入した方がいいのではと夫と話しました。いろいろな会社に見積もりを出してもらったり、イベントに参加したりしていました。土地も探さなければならず忙しい日々だったと思い返します。夫と相談して予算を少しオーバーしてしまうけど、営業の人が感じがよく、建築済みの家の印象が良かった会社に我が家の建築を託しました。土地は実家から近い所にいい場所があったので、そちらを購入しました。リビングの広さやキッチンの仕様などを話している時は楽しくて仕方がありません。夢のマイホームが目の前にあってワクワクしました。完成に近づくにつれ、電化製品や家具の購入を始めました。無事に家が完成し、家具などの配置が済んだ時の引っ越し蕎麦は本当に美味しく感じました。家の事を決めている時はとても楽しく嬉しかったです。