省エネのつもりが増エネに?

エコハウスとは居住する住居の環境の条件に応じて、自然のエネルギーを最大限取り入れ活用することと、建築時にも環境の負荷を減らす方法で建てられた家のことを指します。

自然のエネルギーを取り入れる為にエコハウスでは

通風や気密性、断熱や蓄熱といった相反する性質を、高い次元にてバランスを取る必要が有ります。他にも化石エネルギーでは無く自然や再生可能エネルギーを活用し、電力を太陽光を中心としたエネルギーで賄うことを目指します。

しかし、夏場は高温多湿な日本の環境の中で通風性能を重視したエコハウスは、間取りや間仕切りの時点でエアコンの効率を重視しているとは言えず、冷やすには全館を冷却する事態になりエコの筈がエネルギーを浪費を招く結果にも繋がります。

私は省エネルギーを目指したエコハウスを否定するつもりは毛頭無く、これからは重視されていく要素だと思っています。だが、自然・エコを追求するあまりに人間の住めない家を建てていては本末転倒となるので、エコ性能と居住性のバランスが重要だと考えます。