家の中の4つの角にスペースがあるカサの新しい家

まるで十字の文字のように美しい形が印象的な窓となっている新しい家があり、話題です。とても風の通りも良く、光りが入り込みやすい形状の窓となっているのが特徴的です。

カサクロスという家の1階の窓はとても細長く、2階の窓は大きいという特徴があります。2階の窓からはたっぷりと1階まで降り注ぐのが特徴的で、壁が白いだけにその光が綺麗に反射してまるて照明のように明るく室内を照らします。

このカサクロスの新しい家の特徴としては、内側部分にもう1つの壁があります。ですから、外から入ってくる風を遮ることができます。少しだけ風が通るという感じなので、通気性も少し考えられています。

1階のスペースの4つの角にはボックス型のスペースを設けているのが特徴的でもあり、それが耐震性を強めている部分です。そのスペースは収入にしてもいいですし、個室にしてもいいのも便利なところです。

もっと嬉しいのが間取りを自分で自由に考えることができて、1階はプライバシーを保てるように窓が極力小さめになっています。防犯の面も考えていますし、4方向にある窓によってより風の通りが良くなるのも嬉カサの新しい家です。