郊外よりも都心に多い新しい家

住宅の数は、地域と大きな関係があります。特定の地域に、住宅が多く集っている事も多々あるのですね。
その1つが東京地域です。結論から申し上げれば、東京地域は新しい家の数が増えつつあります。とりわけマンションの数が、ここ数年では増加傾向にあるのですね。
東京地域を歩いてみますと、至る所でマンションの建設が行われています。とりわけ23区エリアにて、高層住宅の建設が行われている事が多いのですね。ちなみに一戸建てよりも、マンション建設の数が多いです。
そして建設が行われている訳ですから、当然新しい家を見かける事も多い訳です。中古タイプの住宅も依然多く見かけますが、ここ最近では新築住宅の建設数も大幅に増えてきています。
しかし地方エリアの場合は、そうとも言えないのですね。今なお新築の住宅が建設されない地域も、郊外ではよく見かけます。
つまり新しい家は、主に都心エリアに建設されている事が多い訳ですね。まだしばらくその傾向は続くのではないかと予想されています。